東京都で開業もしくは通勤しているはり師、きゅう師、あん摩マッサージ師、指圧師を中心として構成する団体です。

令和3年度 東京都委託施術者講習会

  • HOME »
  • 令和3年度 東京都委託施術者講習会

・東京都からの委託事業で「「あはき師」の資質向上のための講習会で、参加費用は原則無料です。(若干の実費が掛かる場合があります。)

・本年度もコロナウイルス拡大防止対策を取りながらの開催になります。Webでの講義が中心でzoom配信+オンデマンドでの視聴を併用で行う予定です。

・詳細並びにお申込み方法は、逐次ホームページ等で告知致します。

09/05() 松本俊吾先生 杉山真伝流「坐骨神経痛の鍼術その1」

杉山真伝流の鍼術を中心に、日々の臨床と研究成果を交えて座学と実技実演。
コロナウイルス拡大防止対策のためweb参加のみで講習会を実施

杉山検校遺徳顕彰会 理事 学術部長
鍼灸経絡研究紘鍼会 会長
日本伝統鍼灸学会 理事

著作:腹脈証と『杉山流三部書』の診法(桜雲会)

10/24() 「初級者向け療養費講座」

これから療養費を取り扱う初級者に向けて、療養費の仕組み、取扱い方など講義して頂きます。既に療養費を扱っている方でも基礎を確認して頂ける機会になるでしょう。

講師:金谷義孝先生

プロフィール:活殺自在を目標に空手古武道と鍼灸マッサージに励んでいます。
保険鍼灸マッサージ協会会長
琉球古武道協会総師範、全日本琉球古武道連盟副会長、空手古武道公認範士九段、
Facebookより〉

11/07() 賀偉先生 中医学講座

精誠堂は中医の医学古典《備急千金要方》(唐・孫思邈)の中にある「大医精誠」※という言葉から「精誠」の二文字を取って院名とし、「巧みで完璧な治療技術と、高尚な医徳」を本院設立の理念としています

中国・北京生まれ。北京中医学院(現・北京中医薬大学)卒業。
中国初の針灸の人間国宝である父・賀普仁に師事し、1989年来日。
東京医科歯科大学大学院で予防医学専攻、早稲田医療専門学校卒業。
厚生省(現・厚生労働省)の針灸資格取得。
世田谷区千歳烏山に精誠堂を開く。
北京針灸三通法研究会理事。
日本針灸三通法研究会会長。

著書:『 病気を防ぐ治す「鍼」の医学 』『ハリの威力』『なおりますよ、ウツ』
監修:『 針灸三通法 』『痛みの症状別針灸治療』
〈ホームページより〉

 

 11/14() スポーツ・災害ボランティア参加体験談

各地で開催されるスポーツイベント(マラソン・ボッチャ・水泳など)での参加者ケア、震災・水害など災害支援で被災者の皆様の健康サポートボランティアに実際に参加した体験談の中から、次に自分が参加する時の指針をみつけたい。「スポーツ」と「災害」という異なる2つの現場ですが、その対応の仕方には共通点があります。日頃からスポーツイベントのボランティアでスキルを磨き、災害発生の不測時に生かせる力を身に着けていきたいと思います。

11/27() 松田博公先生 松塾スペシャル「日本鍼灸の地図帳」

これまで3回の講義が大好評の「日本鍼灸の案内地図」第4弾です。講師は日本全国80人の鍼灸師をルポしたベストセラー『鍼灸の挑戦』(岩波新書)の著者で、元東洋鍼灸専門学校副校長、当会学術顧問の松田博公氏。現代派、伝統派、中医学派、美容・スポーツ派と分立する日本鍼灸諸流派それぞれのメリット、デメリットや、自分のシステムを構築するために他流派から学ぶことの大切さを語っていただきます。入門者が知るべくして知られざる鍼灸「常識」を伝え、皆さんの疑問、質問にストレートに答えます。対象は鍼灸学生ですが、若葉マーク鍼灸師も大歓迎。

(写真:鍼灸雑誌ハリトヒトより引用させていただきました)

現在:日本伝統鍼灸学会顧問 日本内経医学会顧問

著書:

鍼灸の挑戦―自然治癒力を生かす (岩波新書)
日本鍼灸へのまなざし (ヒューマンワールド)
松田博公対談集 日本鍼灸を求めて ⅠⅡ(緑書房)

12/05() 鈴木幸次郎先生   お灸を中心にした講義を予定しています

 祖父と父が鍼灸師だったため、小さい頃から体調を崩すと鍼灸のお世話になっていました。お陰様で今まで特に大きな病気もすることなく元気で過ごしています。また、臨床をしながら10年間専門学校で鍼灸実技等の指導を行って後進の育成に携わってきました。
父から治療院を受け継いで14年、臨床歴20(2021年現在)になります。

〈ホームページより〉
趣味:釣り・テニス
略歴:東洋鍼灸専門学校/鍼灸あん摩科卒業 東京衛生学園/臨床教育専攻科卒業
東洋鍼灸専門学校教員(平成15年~26年)
現在:天心堂鍼灸治療院院長 日本内経医学会運営委員
古典鍼灸研究会会員 日本伝統鍼灸学会会員
船橋市保険鍼灸師会会長

講演:
20141025日第42回日本伝統鍼灸学会学術大会
初級者セミナー
「手際の良い艾炷の作り方 と熱くない灸のすえ方」
2016117日世界鍼灸学会連合会学術大会
ポストカンファレンス「日本鍼灸の技を学ぶ」灸実技

掲載:
「透熱灸による押灸」『医道の日本』(201812月号、医道の日本社)

 12/12() 「地域包括ケアシステム参入について」

地域に根差した医療多職種連携の中で「あはき師」がいかにして貢献できるか。現場体験を基にお話しして頂きます。

講師:岡野信久先生 (当会理事 世田谷区鍼灸マッサージ師会会長)

主な内容

1 介護予防指導員とは
2 フレール、サルコペニアとは
3 関東信越厚生局の考え方とは
4 厚生労働省の考え方とは
5 世田谷区の場合はどのように実践しているのか

 12月   芦野純夫先生 「鍼灸は医療か、医業類似行為か」

2012年の当会講習会で「鍼灸は医業か?医業類似行為か?
無免許問題を読み解く」と題してお話をして頂きました。
社会における鍼灸の研究 視覚障碍者教育の研究
鍼灸学校学生教育指導などでご活躍されています。 

論文・著作・メディア記事など:
「明治以降の鍼灸制度と教育のながれについて」(論文)
「鍼灸は医療か、医業類似行為か」(東京都はりきゅうあん摩マッサージ指圧師会出版部)
「あはき施術の法的誤解をめぐって」盲教育と社会福祉の原点を訪ねて 誤解された将軍綱吉の実像[2003(平成15)43日点字毎日活字版] http://hari-okyu.net/2018/204/

  01/30(日) 船水隆広先生  「産後ケアについて」(予定)    

20年の臨床歴をもち、欧米やアジア各国など、国内外で鍼灸の指導に当たっている。
ストレスケアとこころの病に対する治療が専門分野。てい鍼を使用し小児からお年寄りまで対応可。震災直後には被災地にて鍼灸治療スタッフとして施術を行う。施術効の科学的研究など幅広く活躍。目指すのは「やさしく美しい鍼」。

著書:「深い疲れをとる自律神経トリートメント(主婦の友社)」

・東京医療専門学校 臨床教育研究センター マネージャー
・多文化間精神医学会会員 ・伝統鍼灸学会理事 総務部長 
・経絡治療学会評議員    ・更年期と加齢のヘルスケア学会幹事

・(一社)こころ鍼灸協会理事

〈ホームページより〉

 2月 石原克己先生+戸ヶ崎正男先生+松田博公先生 シンポジュウム

伝統鍼灸界の重鎮 石原克己先生と戸ヶ崎正男先生を迎え松田博公先生と3名が伝統鍼灸について語り合います。

石原克己先生 :日本伝統鍼灸学会会長 九鍼研究会会長 東明堂院長

戸ヶ崎正男先生:日本伝統鍼灸学会   蓬治療所院長

松田博公先生 :日本伝統鍼灸学会顧問 日本内経医学会顧問

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3252-8811 平日9:30〜16:30

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP